ご契約のお客さま
  • 太陽電池発電所 監視サービス ログイン
  • デマンド 監視サービス ログイン
  1. HOME>
  2. 法人のみなさま>
  3. 連絡責任者のみなさまへ

連絡責任者のみなさまへ

保安協会は専門技術面から電気保安業務にあたりますが、お伺いするのは月1回または隔月・3か月に1回です。日常は設置者が定める「連絡責任者」の皆さまが主となって、「電気設備のチェックポイント」を参考に日常巡視を行っていただくことになっています。

協会から10のお願い

1日常巡視の励行

電気設備全般について、毎日巡視を行ないましょう。(保安協会からお届けしてある「電気設備のチェックポイントを参考にしてください。)

2点検時に立ち会いを

保安協会が行う電気設備の点検時には是非立ち合って設備の状態について十分承知してください。

3不良箇所の早期改善

点検の結果、電気設備に不良箇所があって改修をお願いした際は、早急に改修の手配をしてください。

4素人工事は絶対にしない、させない

電気設備の電気工事や不良改修は、素人が勝手に行うと火災・感電その他事故のもとになります。保安協会に相談するか、電気工事業者に依頼してください。

5電気設備の設置・変更時には、必ず連絡を

電気設備を変更されたり増設される場合は計画の段階から保安協会に連絡ください。専門的な立場から、適切なアドバイスをいたします。

6建物の増・改築作業時にはご注意を

構内において、土木作業や建物の増・改築作業を行う場合は、電気事故に注意しましょう。

7電気設備の周辺の管理

電気設備の周辺に物を置かないでください。

8異常事態発生時は適切な対応

異常事態が発生した場合は、直ちに応急処置を講じるとともに、保安協会などへの連絡等が適切に行われるよう日頃から習熟しておきましょう。

9日常の資料管理

事故復旧の迅速化、自主保安管理に役立てるために、「電気設備保安関係書類」綴りなどはいつでも必要に応じ、引き出しできるように整理しておいてください。

10電気安全研修会の開催

当協会では、ビデオなど豊富な教材を使ってわかりやすい教育のお手伝いをいたします。