ご契約のお客さま
  • 太陽電池発電所 監視サービス ログイン
  • デマンド 監視サービス ログイン
  1. HOME>
  2. 当協会について>
  3. 地域社会貢献活動への取組み

地域社会貢献活動への取組み

自治体との災害時の協力協定

平成19年3月に能登半島沖の地震等の災害対応から得た教訓をもとに、組織力や機動力を生かし、迅速な復旧活動を行う仕組みとして、地方自治体との間で「災害時における応急活動に関する協力協定」の締結を推進し、平成22年末までにサービスエリアの全46市町村と締結しました。さらに、平成24年9月には、県単位では初となる富山県とも協定を締結しました。

自治体が計画する防災訓練への参加

平成20年から、地方自治体が計画する防災訓練に参加し、地域住民の方々に一般家庭の模擬分電盤を使った災害時におけるブレーカーの操作を体験してもらうなど、電気の安全な使用について周知しています。

「こども110番の車」運動の実施

当協会は、北陸電力グループとともに、「こども110番の車」運動を実施しています。社有車に「こども110番の車」ステッカーを貼り、こどもたちが助けを求めて駆け込んできた場合や、こどもに危険があることを発見した場合に、こどもの保護や関係機関への通報など、こどもの安全確保に向けて取組んでいます。

文化財、公共施設等の電気設備の点検実施

「電気使用安全月間」や「お客さま感謝月間」において、文化財や公共施設等の保全のために、関係機関と協議し電気設備の点検を実施しています。

その他

「森に恩返し活動」、本店周辺の「環境美化清掃」などについて、北陸電力グループとともに取り組んでいます。