電気の安全情報

あなたの家は大丈夫ですか?
電気器具に対する「ついうっかり」や「これくらい大丈夫」という使用法が意外な事故に、つながることもあります。ご家族みんなで電気の安全を見直してください。

正しい電気の使い方 まもりタイガー

電気の安全チェックポイント

月に一度は定期点検の日と決めて、ご家族みんなで電気の安全をチェックしてください。

  • 屋外の電線(引き込み線)が樹木や建物に接触したり、電線の取付箇所が外れたりしていませんか?
  • 漏電しゃ断器の動作確認をしていますか?(月に一度はテストボタンを押してみてください)
  • たこ足配線をしていませんか?
    コードを釘やステップルで固定したり、コードとコードをねじって接続したりしていませんか?
  • コンセントの破損や、差込みのゆるみはありませんか?
    電気器具を破損したまま使用していませんか?
  • 屋外器具の破損や雨水の浸入はありませんか?
  • アース(接地線)は取り付けてありますか?アース(接地線)は外れていませんか?

電気器具のこんな使い方しないで!

  • たこ足配線

    コードが加熱して、とても危険です! すぐにコンセントを増やしましょう。

  • ぬれ手に電気

    水気は電気を通しやすくします。濡れた手でコンセントやスイッチにふれないようにしましょう。

  • アースはどこ?

    洗濯機、エアコン、井戸ポンプ、泉水クリーナー、自動販売機などには必ずアース(接地線)をつけましょう。

  • 束ねたコード

    コードが加熱して危険1束ねずにお使いください。

  • 家具の下にコード

    家具の下敷きにしたり、ふすまなどで挟んだりすると、コードが損傷して停電や火災につながります。

  • 取扱説明書はきちんと保管

    使用前や手入れ、点検の際に必要です。よく読んで正しくお使いください。

  • 安全マーク

    粗悪品による事故を防ぐため、電気製品の製造・販売は法律で規制されています。 このマークは特に厳しく安全確認を要する製品が、その安全基準に適合していることを示します。 また、民間の機関が安全性を確認したエスマーク表示付の製品もあります。

    安全マーク
  • 差し込んだままのプラグ

    エアコンや冷蔵庫、洗濯機など長い間プラグをコンセントに差し込んだままにしておくとほこりや湿気により、漏電や加熱の原因になることがあります。ときどきプラグを抜いて乾いた布で掃除しましょう。

あっ、あぶない! お子さまへの注意は万全ですか?

旺盛な好奇心から子供たちを守るために、気配りをお願いします。

コンセントにタッチ
コンセントにタッチ

お子さまが濡れた手で触ったり、ピンなどを差し込んで遊ぶと危険です。

洗濯機をのぞいちゃダメ
洗濯機をのぞいちゃダメ

のぞいたり、手を入れたりすると危険。洗濯機のそばに台などを置かないようにしましょう。

電気器具の分解はやめて
電気器具の分解はやめて

電気の実験ごっこや電気器具の分解ごっこで思わぬ事故を起した例があります。

自然災害に備えて

災害時の安全対策は万全ですか? 地震や台風などの災害時はまず落ち着くことが大切です。あわてずに電気の安全チェックをお願いします。

事前の準備と対応について法人の方向け

1受電室建物や受電設備が壊れていないか

電気設備全般について、毎日巡視を行ないましょう。(保安協会からお届けしてある「電気設備のチェックポイントを参考にしてください。)

電気設備全般について、毎日巡視を行ないましょう。

2分電盤の近くに物を置かない

ブレーカ操作の妨げになりますので、
分電盤の周辺は整理整頓を行ないましょう。

ブレーカ操作の妨げになりますので、分電盤の周辺は整理整頓を行ないましょう。

3揺れの大きい地震がきたら電源スイッチをOFF

自分自身の安全を確認後、運転している機器のスイッチを切りましょう。

自分自身の安全を確認後、運転している機器のスイッチを切りましょう。

4停電したときも忘れずスイッチをOFF

通電再開の時、発熱する電気機器の上に落ちた物が発火する危険があります。

通電再開の時、発熱する電気機器の上に落ちた物が発火する危険があります。

事故を防ぐための注意点

地震や台風などで停電になっても、電力会社の設備に異常がない場合再び送電されます。
避難するときは、電気の消し忘れなどによる事故を防ぐために、分電盤内のブレーカを切ってください。

地震や台風がおさまったら、電気器具の安全をチェックしましょう。火災などの危険もありますので、安全が確認されるまでは電気を使用しないようにしましょう。

※地震や台風がおさまったら、電気器具の安全をチェックしましょう。
火災などの危険もありますので、安全が確認されるまでは電気を使用しないようにしましょう。

電気設備・大型機器はしっかりと固定してください法人の方向け

1電気設備の大型機器の固定

電気設備や機器の転倒・落下によりケガや機器類を
損傷させる恐れがあります。

電気設備や機器の転倒・落下によりケガや機器類を損傷させる恐れがあります。

2屋外看板灯や照明器具等の固定

脱落や火災の恐れがあります。

脱落や火災の恐れがあります。

自然災害時の電気についてよくあるご質問

グラっときたらまず最初に何をすれば良いの?

スイッチを切り、プラグを抜いてください。
特にアイロンやドライヤーなどの熱機器はプラグをコンセントから抜いてください。

突然、まっくら!どうしたらいいの?

日常より懐中電灯やラジオを準備してください。
地震などの災害による突然の停電に役立つ懐中電灯、情報を得るためのラジオは、すぐ手に取れるわかりやすいところに置いておきましょう。電池の点検も忘れずに。

災害に遭った器具は使える?

器具の使用は必ず点検後に。
水に浸かったり、破損したものは電気店などに点検を依頼してください。

あっ!電線が切れているのを発見した場合は?

切れた電線には、絶対さわらないでください。
地震や台風の時は特に注意が必要です。感電する恐れがありますので、最寄りの北陸電力(株)へご連絡ください。

避難するときに行っておくことは?

ブレーカーを「切り」にしてください。
家の外に避難するときは、分電盤のブレーカーを切ってください。取り付けた識別カードのひもを引っ張ればブレーカーは切れます。