保安業務について

私どもの工場では、電力会社から高圧線で電気を引き込んでいます。なぜ、点検する必要があるのですか。一般家庭では点検しなくてもいいのにどうしてですか。

高圧の電気をご使用される場合は、電気設備に関する自主基準(保安規程)を定めるとともに、合わせて電気設備の安全確保をおこなうため電気主任技術者を選任(常駐)し、経済産業省に届出することが求められています。(電気事業法第42条、第43条)しかし、電気主任技術者を常駐させる場合、有資格者の人材不足や費用負担が大きいことから、国は、電気主任技術者の外部委託を認めています。これを、電気主任技術者の「外部委託制度」といいます。
電気主任技術者の外部委託制度を適用する場合は、事前に、国が示す要件を盛り込んだ委託契約書により、お客さまと保安管理業務委託契約を締結し、関係書類と合わせて国に提出することが必要です。その後、審査をうけ、外部委託が承認されたあとは、当協会とお客さまとが一緒になって、お客さまの電気設備の保安管理業務を行うことになります。なお、当協会は、法令に定める要件に該当する電気保安法人です。

雷があると、どうして瞬低(瞬時電圧低下)が起きるのですか?

雷により、電力会社の送電線路及び配電線路に異常電圧がかかりますと、高圧機器の破損を防止するため、保護装置が働いて瞬間的に異常電圧を軽減します。その際、瞬低が発生します。瞬低の時間は0.07秒~2.0秒で、この時間により、お使いの機器によって、運転が停止してしまうことがあります。パソコン設備ではUPS等のバックアップ機器が充実している場合は停電しませんが、ご使用の負荷設備にあっては、膨大な設備となることから、対応はむずかしいこととなります。

低濃度PCB(微量PCB)の高圧機器とはどのような機器ですか?

「PCB」とはポリ塩化ビフェニル類の略で、塩素を含む有機化合物の一種です。 PCBの製造は1974年に中止されましたが、2002年にPCBを使用していないはずの電気機器の絶縁油に微量のPCBが含まれている事が判明しました。この混入の原因は、再生油や製造工程などで混入したと考えられています。この混入により汚染された廃棄物は微量PCB廃棄物と呼ばれましたが、2012年からは、PCB濃度が0.5~5,000mg/kgの廃棄物を「低濃度PCB廃棄物」と呼ぶようになり、高濃度PCB廃棄物と区別しています。いずれも、厳重な管理をおこなうことが求められています。
詳しくは、環境省HP ポリ塩化ビフェニル廃棄物に関する各種ガイドライン等を参照してください。http://www.env.go.jp/recycle/poly/guideline.html

私どもは、非常用予備発電機を有する施設です。この度、代表者が変更しました。届出は必要ですか。

大容量の非常用予備発電装置を有する場合、電気関係報告規則第4条(公害防止等に関する届出)にもとづく「代表者氏名変更」が必要となります。届出は、変更の都度、すみやかに国に提出することが求められています。担当検査員にご連絡をお願いいたします。

この度、当方の高圧開閉器(スイッチ)が切れ停電していることが判明しました。当方でスイッチをいれてもいいですか。

故障原因を取り除かないで高圧開閉器を入れますと、電力の配電線にも影響する停電事故となる恐れがあります。速やかに、協会にご連絡をお願いいたします。原因調査を行い適切な処置をさせていただきます。