1966年 4月 財団法人 北陸電気保安協会の設立
4月 一般用電気工作物指定調査機関の指定
5月 北陸電力から定期調査業務を受託
1971年 6月 保安管理業務受託範囲を300kW未満から500kW未満に拡大
自家用電気工作物保安業務実施機関の「指定法人」となる
1988年 5月 保安管理業務受託範囲を500kW未満から1,000kW未満に拡大
出力500kW未満の水力、ガスタービン、内燃力発電所を追加
1990年 2月 一般用電気工作物の竣工調査業務受託開始
1997年 9月 保安管理業務受託範囲を1,000kW未満から高圧供給すべてに拡大
発電所の出力を1,000kW未満に拡大
2004年 3月 一般用電気工作物登録調査機関が指定制から登録制に移行
2012年 4月 4月1日より「一般財団法人北陸電気保安協会」となる
2013年 6月 太陽電池、風力、水力、火力、(燃料電池を除く)発電設備の保安管理業務受託 範囲を1,000kW未満から2,000kW未満に拡大